和太鼓奏者のヒント集         -和太鼓のススメ-

タグ:バチ ( 3 ) タグの人気記事

バチの目?

バチは木から作ります。

なので、当然年輪があリますね。バチになったときにその年輪がどのように走っているかでバチの善し悪しも決まるんですね。

バチをよく見ると、年輪が走っていますね。
上の写真は年輪に対して斜めに加工されたバチ。下はまっすぐに加工されています。
当然下のバチの方が良いですね。

d0089862_2425266.jpg


d0089862_2432251.jpg


バチは使っていると、まず、先端がささくれ立ってきて割けるか折れるかしてで役目を終えます。その時は必ず年輪に沿って亀裂が入りますから年輪が斜めになっていると折れやすいということなんですね。

だから、バチを選ぶときは、バラで販売されているところ(1本づつよいものを選べるので)で吟味して購入しましょうね。

しかしあくまでもバチは消耗品です。
ささくれ立ってきたら太鼓の皮を傷つける前に新しいバチに変えましょう。時々、ささくれだったバチにテープを巻いて使っている人を見かけますが良くないですね。太鼓は永年大事に使うもの、バチは消耗したら取り替えるものです。
―――――――――――――心・技・体・気・品――――――――――――――
               -舞い上がる炎の飛び火するが如し-
---------------------------------------------------
『タカのライフワーク 和太鼓「飛炎」のサイト』
http://www.wadaikohien.com/
----------------------------------------------------
『身近な疑問を科学する”タカのワクワク TECHNOLOGY" ブログ好評連載中。』
http://blog.livedoor.jp/assistec/
----------------------------------------------------
『タカのお仕事のサイトです』
http://www.assistec.jp/

和太鼓 「飛炎」  伊藤 隆康     TAKAYASU ITO    
                ジェニファー  JENNIFER ITO

―――――――――――――心・技・体・気・品――――――――――――――
[PR]
by wadaikohien | 2007-11-04 02:55 | 楽器のおはなし

バチ選び

締めバチ。

和太鼓「飛炎」では、シメを打つときは基本的に先細の桧バチを使用しています。
d0089862_2581439.jpg

太いバチや、等径の細バチが良いという人もいますが、私は基本的にこれ。

細かいフレーズを表現出来て、繊細な締め太鼓にはピッタリです。


       -----------------------------------------------------------
       『ライフワーク 和太鼓「飛炎」のサイト』
       http://www.wadaikohien.com/
       ------------------------------------------------------------
       『身近な疑問を科学する”タカのワクワク TECHNOLOGY"』
       http://blog.livedoor.jp/assistec/
       ------------------------------------------------------------
       『タカのお仕事のサイトです』
       http://www.assistec.jp/
       ------------------------------------------------------------
       『スカイプ(TV電話)をお使いの方はコチラまで』
       スカイプID : assistecjapan
       ------------------------------------------------------------

       和太鼓奏者五つの基本「心・技・体・気・品」
        和太鼓 「飛炎」  
           伊藤 隆康 
           伊藤 JENNIFER
[PR]
by wadaikohien | 2007-07-15 03:00 | 楽器のおはなし

バチ

シメ太鼓を叩くときは細バチを、宮太鼓を叩くときは太バチを使うんです。

細バチは直径20mmくらいで、均一の太さのものや先が細くなっているものがあるんですが、特にシメ太鼓では繊細なリズムを刻む場合が多いので、先細のバチがオススメです。

一方、太バチの方はというと、これは種々様々のものがあるんですね。直径はだいたい30mm以上で太さは殆ど均一です。

d0089862_1151878.jpg


バチは消耗品です。割れが入ったり、ささくれてきたら迷わず買い換えましょう。でないと、太鼓の皮を傷めちゃうんですね。これ、最悪。

また、ささくれをテープで補強したり、接着剤を塗って必死で長持ちさせている人をたまに見かけますが、論外です。バチは使い捨てするものと認識してください。

誰に聞いたかは忘れましたが、バチに使う木は製材工程で出た端材を使っているとのことですので、環境問題を気にする必要もありませんね。


材質は、一般的にはヒノキ。あの香りがたまりませんね。”ニホン”って感じですよね。使えなくなったら、細かく刻んでお風呂に浮かべましょう。いいにおいがして、練習の疲れもすぐに吹き飛んじゃいますよ。

***

これから和太鼓を始める人は、まず細バチとシメ太鼓から始めてください。前回お話ししたように、まずは”シメ太鼓で基礎練習”です。

―――――――――――――心・技・体・気・品――――――――――――――
               -舞い上がる炎の飛び火するが如し-
---------------------------------------------------
『タカのライフワーク 和太鼓「飛炎」のサイト』
http://www.wadaikohien.com/
----------------------------------------------------
『身近な疑問を科学する”タカのワクワク TECHNOLOGY" ブログ好評連載中。』
http://blog.livedoor.jp/assistec/
----------------------------------------------------
『タカのお仕事のサイトです』
http://www.assistec.jp/
----------------------------------------------------
『スカイプ(TV電話)をお使いの方はコチラまで』
スカイプID : assistecjapan
----------------------------------------------------

和太鼓 「飛炎」  伊藤 隆康    TAKAYASU ITO    
                ジェニファー JENNIFER ITO

―――――――――――――心・技・体・気・品――――――――――――――
[PR]
by wadaikohien | 2006-09-07 07:00 | 演奏のコツ



明日の太鼓打ち達へ。     打楽器歴40年の筆者が、テキストにはない和太鼓演奏の「コツ」、教えます。    
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30