和太鼓奏者のヒント集         -和太鼓のススメ-

<   2006年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧

皮に当たるのはバチの先

叩くときは、腕ではなくバチの先に神経を集中しましょうね。

太鼓に触れて音を出すのは手ではありません。バチです。バチの先端なんですね。
だからバチの先に神経を集中します。

バチの先端が、皮に当たる瞬間の様子をズームアップのスローモーションで想像しながら叩いてみるんです。

昔、「ミクロの決死隊」という映画がありました。人間が1mm以下の大きさになって血管の中に入り、病気を退治するというストーリーなんですね。

これと同じで、
自分が1mm以下の大きさになって、バチの先端にしがみついていると想像してください。そのバチを振り下ろす。
バチの先端にいる自分はバチの振り下ろしにつれて、だんだんと太鼓の皮に近づいてくる。
「50cm、10cm、50mm,1mmと近づいてきたぞー」
「いよいよ皮に当たるー」

この瞬間ですね。
この瞬間を意識するんですね。ここでグリップをギュッと握る。

皮に当たった後は、バチの先は皮に深く沈み込みます。
「グッグーっと皮にめり込んでいくー」
「皮がすり鉢状にくぼんできたー。周りが見えないよー」

ここで音が下に抜けていくんです。
反対側の皮に振動が伝わる。

次に、皮はバチ先をスゴイ力で押し返してきます。
「うわー、今度は反対方向へスゴイ勢いで戻っていくぞー」

この時にグリップは最大の力で握っています。バチの反発を抑えなければなりません。反発力に打ち勝って、バチが暴れるのを殺します。

ここでうまく抑えないと、バチは大きく跳ね上がりふらふらと揺れることになるんですね。
バチが揺れると、次の振り上げ動作で、揺れながら上へ向かうことになります。


神経集中すれば、手とバチが一体となって、バチ先があたかも自分の指先のように感じてくるはずです。

                       ***

太鼓の皮と、バチ先がこすれる感覚を感じられるようになってきたらシメたものです。
―――――――――――――心・技・体・気・品――――――――――――――
               -舞い上がる炎の飛び火するが如し-
---------------------------------------------------
『タカのライフワーク 和太鼓「飛炎」のサイト』
http://www.wadaikohien.com/
----------------------------------------------------
『身近な疑問を科学する”タカのワクワク TECHNOLOGY" ブログ好評連載中。』
http://blog.livedoor.jp/assistec/
----------------------------------------------------
『タカのお仕事のサイトです』
http://www.assistec.jp/
----------------------------------------------------
『スカイプ(TV電話)をお使いの方はコチラまで』
スカイプID : assistecjapan
----------------------------------------------------

和太鼓 「飛炎」  伊藤 隆康     TAKAYASU ITO    
                ジェニファー  JENNIFER ITO

―――――――――――――心・技・体・気・品――――――――――――――
[PR]
by wadaikohien | 2006-09-29 03:19 | 演奏のコツ

バチの振りは柳の枝のごとく

バチの振り下ろしは、4つの形があるんですね。
d0089862_1341163.gif

①肩からバチ先まで
②肘からバチ先まで
③手首からバチ先まで
④指(握り)からバチ先まで(締めの場合)



動画がないので説明は難しいのですが、リズムが速くなるほど①→④へと振りが変化します。

また、これらの形は同じ速さでも強弱によって複雑に複合されるんですね。
ある速さの時には、②が20%で③が80%という具合です。

例えていうと、
「強く速く」「弱く速く」「強く遅く」「弱く速く」などのような場合、それぞれ「②」「④」「①」「③」が基本となります。

基礎練習の時に、叩いている自分がどの形になっているかを第三者から見ているつもりになって見つめてみてください。カラクリがわかってくると思います。

決して「今はこの速さだからこの形でいこう」と意識的にその形に無理にはめこんで叩くものではありません。
あくまで自然にそうなるもんなんですが、これらの形に分解出来るんだということを知っていて叩くのと、そうでないのとでは大きな違いが出てきます。

***

曲の始まりの部分で、ゆっくりリズムから速く細かいロールへとつながっていくパートが良くありますよね。(飛炎ではこれを「うちあげ」と呼んでいますが)

試しに、上記の叩き方を意識してやってみてください。
ほーらね、スムーズにつながるでしょ。
―――――――――――――心・技・体・気・品――――――――――――――
               -舞い上がる炎の飛び火するが如し-
---------------------------------------------------
『タカのライフワーク 和太鼓「飛炎」のサイト』
http://www.wadaikohien.com/
----------------------------------------------------
『身近な疑問を科学する”タカのワクワク TECHNOLOGY" ブログ好評連載中。』
http://blog.livedoor.jp/assistec/
----------------------------------------------------
『タカのお仕事のサイトです』
http://www.assistec.jp/
----------------------------------------------------
『スカイプ(TV電話)をお使いの方はコチラまで』
スカイプID : assistecjapan
----------------------------------------------------

和太鼓 「飛炎」  伊藤 隆康     TAKAYASU ITO    
                ジェニファー  JENNIFER ITO

―――――――――――――心・技・体・気・品――――――――――――――
[PR]
by wadaikohien | 2006-09-28 01:15 | 演奏のコツ

古瀬さん、ご参加ありがとうございました。

先日の練習で、飛炎と仲良しの古瀬さんが練習に参加されました。


d0089862_15244488.jpg
d0089862_15255567.jpg


古瀬さんは、和太鼓「わだつみ」でリーダーとしてずっと太鼓を指導されてきた方です。

「しばらく太鼓を叩いてないからなあ」といいつつ、楽しく一緒に「うかれ伊勢道中音頭」を叩きました。

古瀬さん、ありがとうございました。
ぜひまたおいでくださいね。
―――――――――――――心・技・体・気・品――――――――――――――
               -舞い上がる炎の飛び火するが如し-
---------------------------------------------------
『タカのライフワーク 和太鼓「飛炎」のサイト』
http://www.wadaikohien.com/
----------------------------------------------------
『身近な疑問を科学する”タカのワクワク TECHNOLOGY" ブログ好評連載中。』
http://blog.livedoor.jp/assistec/
----------------------------------------------------
『タカのお仕事のサイトです』
http://www.assistec.jp/
----------------------------------------------------
『スカイプ(TV電話)をお使いの方はコチラまで』
スカイプID : assistecjapan
----------------------------------------------------

和太鼓 「飛炎」  伊藤 隆康     TAKAYASU ITO    
                ジェニファー  JENNIFER ITO

―――――――――――――心・技・体・気・品――――――――――――――
[PR]
by wadaikohien | 2006-09-25 15:30 | 感謝

哲っちゃんも、がんばる

飛炎の哲っちゃんです。

d0089862_155154.jpg


哲っちゃんも、基礎練習がんばっています。

現在の悩みは、叩いていると小指が立っちゃうことと、バチが手のなかでずれてくること。
気を抜くと小指がだんだんと立ってくるんだよね。

グリップがあまいんだね。しっかりと握りましょうね。でもね、そう言っちゃうと振り上げから振り下げまでずっと握りつづけちゃう。しんどいよね。

コツはね。

皮に当たる瞬間だけ「グッ」と握るんだよ。
そして反対に、皮に当たる瞬間までは強く握らないようにするんですね。当たる瞬間だけ、0.01秒間だけキュッと最大限の力で握る。そうすれば本当に必要なときだけ最大力で強くバチを締めることができるし、長い演奏でも疲れない。

***

太鼓を叩くというのは、太鼓との闘いですね。気を入れて叩かないと拒否されちゃう。
太鼓だって叩かれると痛いから「やめて」と叫んでリキんでる。だからこっちもギュッと力を入れてバチを締めないとはじかれてしまうんですね。生き物ですよ、太鼓は。

皮の反発力に勝てれば、バチの先が皮深くに入り込む。深く入り込めば反対側の皮も振動していわゆる「音が抜ける」状態になるんです。

―――――――――――――心・技・体・気・品――――――――――――――
               -舞い上がる炎の飛び火するが如し-
---------------------------------------------------
『タカのライフワーク 和太鼓「飛炎」のサイト』
http://www.wadaikohien.com/
----------------------------------------------------
『身近な疑問を科学する”タカのワクワク TECHNOLOGY" ブログ好評連載中。』
http://blog.livedoor.jp/assistec/
----------------------------------------------------
『タカのお仕事のサイトです』
http://www.assistec.jp/
----------------------------------------------------
『スカイプ(TV電話)をお使いの方はコチラまで』
スカイプID : assistecjapan
----------------------------------------------------

和太鼓 「飛炎」  伊藤 隆康     TAKAYASU ITO    
                ジェニファー  JENNIFER ITO

―――――――――――――心・技・体・気・品――――――――――――――
[PR]
by wadaikohien | 2006-09-25 15:10 | 哲ちゃん、大ちゃんの和太鼓日記

大ちゃんがんばる

飛炎の大ちゃんです。

d0089862_1311481.jpg


今日は、他のメンバーが曲練習をやっている横で音を殺しての基礎練習。

大ちゃんは、フィンガリングが苦手です。今日はずっとフィンガリング練習をしました。

フィンガリングというのは、ロールをするときに有効な叩き方です。腕も手首も殆ど使わずに、指だけで細かいロールを叩きます。(ロール:細かく連続して打つリズム)

最初の2秒まではなんとか叩けるのですが、急に左右のバランスが崩れてタータンタータンになっちゃうよね。

コツはね。
腕をやや伸ばし気味にして、肘を絞り(肘と肘の間隔を狭くする)、肘から先の筋肉を緊張させるんです。指だけではなくて「肘から先で叩く」という感覚ですね。

あとは本能のままに指を動かせば、ほら、驚異のロールのできあがり。

ま、そんな簡単ではないけどね。 練習練習、基礎練習。

―――――――――――――心・技・体・気・品――――――――――――――
               -舞い上がる炎の飛び火するが如し-
---------------------------------------------------
『タカのライフワーク 和太鼓「飛炎」のサイト』
http://www.wadaikohien.com/
----------------------------------------------------
『身近な疑問を科学する”タカのワクワク TECHNOLOGY" ブログ好評連載中。』
http://blog.livedoor.jp/assistec/
----------------------------------------------------
『タカのお仕事のサイトです』
http://www.assistec.jp/
----------------------------------------------------
『スカイプ(TV電話)をお使いの方はコチラまで』
スカイプID : assistecjapan
----------------------------------------------------

和太鼓 「飛炎」  伊藤 隆康    TAKAYASU ITO    
                ジェニファー JENNIFER ITO

―――――――――――――心・技・体・気・品――――――――――――――
[PR]
by wadaikohien | 2006-09-25 13:14 | 哲ちゃん、大ちゃんの和太鼓日記

合宿にいってきました。

9月16-17日は、琵琶湖の西岸に面した「琵琶湖青少年の家」で合宿のい参加しました。

土曜日の朝早くから出て、10時に現地に到着し早速練習開始。


公演に向けて、演奏曲の仕上げを中心に全員が集中しての練習。
成果はまずまずのできです。

d0089862_1244575.jpg
















真剣なまなざしの中にも、楽しそうでしょ。
基本的にみんな和太鼓バカなんですね。

d0089862_12453719.jpg
















飛炎第13回公演は11月19日12時半から、大阪府立中央青年会館文化ホールで行います。
皆さん見に来てくださいね。

d0089862_13241792.jpg






















―――――――――――――心・技・体・気・品――――――――――――――
               -舞い上がる炎の飛び火するが如し-
---------------------------------------------------
『タカのライフワーク 和太鼓「飛炎」のサイト』
http://www.wadaikohien.com/
----------------------------------------------------
『身近な疑問を科学する”タカのワクワク TECHNOLOGY" ブログ好評連載中。』
http://blog.livedoor.jp/assistec/
----------------------------------------------------
『タカのお仕事のサイトです』
http://www.assistec.jp/
----------------------------------------------------
『スカイプ(TV電話)をお使いの方はコチラまで』
スカイプID : assistecjapan
----------------------------------------------------

和太鼓 「飛炎」  伊藤 隆康    TAKAYASU ITO    
                ジェニファー JENNIFER ITO

―――――――――――――心・技・体・気・品――――――――――――――
[PR]
by wadaikohien | 2006-09-19 13:18 | 活動日記

明日から合宿

11月19日の公演に向けて、明日からいよいよ合宿です。

昨年と同じ、琵琶湖の西、比叡山の近くの施設で2日間みっちりと和太鼓三昧です。

さあ、今回の成果はいかに!

―――――――――――――心・技・体・気・品――――――――――――――
               -舞い上がる炎の飛び火するが如し-
---------------------------------------------------
『タカのライフワーク 和太鼓「飛炎」のサイト』
http://www.wadaikohien.com/
----------------------------------------------------
『身近な疑問を科学する”タカのワクワク TECHNOLOGY" ブログ好評連載中。』
http://blog.livedoor.jp/assistec/
----------------------------------------------------
『タカのお仕事のサイトです』
http://www.assistec.jp/
----------------------------------------------------
『スカイプ(TV電話)をお使いの方はコチラまで』
スカイプID : assistecjapan
----------------------------------------------------

和太鼓 「飛炎」  伊藤 隆康    TAKAYASU ITO    
                ジェニファー JENNIFER ITO

―――――――――――――心・技・体・気・品――――――――――――――
[PR]
by wadaikohien | 2006-09-16 03:36 | 活動日記

地打ちは絶対権力者

「地打ちは絶対権力者」

コレも大きな鉄則です。


地打ちは、オーケストラで言えば指揮者です。
誰も逆らえません、逆らってはいけません。

極端に言うと、曲演奏で地打ちのリズムが乱れたら、みんなも合わせてリズムを乱してください。あくまでも、地打ちに合わせるべきですね。
それくらい権力がある。。。。


だから、地打ちの人は曲の進行役として責任があります。リズムを守ることと、曲配置の端々に
届くように心がけること。

「端々に届くように」というのは、音が届くと言うことだけではありません。気持ちを伝えるんです。
「そうそう、そこでもっと音量を上げて」とか「だめだめ、早すぎる」とか。心の中で叫ぶんです。そうすると打ち手に気持ちが伝わる。。。

これ、本当です。
一度やってみてください。


だから、
地打ちはほんとうに重要なパートです。

ともすれば、地打ちは目立たないと思われ軽視されがちですが、実は地打ちをやれる人こそ一番上手な人なんです。


***

演奏者は、
「自分は誰に合わせて打つか。地打ちは誰か」をいつも考え、地打ちからの心のメッセージをつかんでください。

―――――――――――――心・技・体・気・品――――――――――――――
               -舞い上がる炎の飛び火するが如し-
---------------------------------------------------
『タカのライフワーク 和太鼓「飛炎」のサイト』
http://www.wadaikohien.com/
----------------------------------------------------
『身近な疑問を科学する”タカのワクワク TECHNOLOGY" ブログ好評連載中。』
http://blog.livedoor.jp/assistec/
----------------------------------------------------
『タカのお仕事のサイトです』
http://www.assistec.jp/
----------------------------------------------------
『スカイプ(TV電話)をお使いの方はコチラまで』
スカイプID : assistecjapan
----------------------------------------------------

和太鼓 「飛炎」  伊藤 隆康    TAKAYASU ITO    
                ジェニファー JENNIFER ITO

―――――――――――――心・技・体・気・品――――――――――――――
[PR]
by wadaikohien | 2006-09-11 13:56 | 演奏のコツ

基礎練習の形

「基礎練習は締め太鼓で」。コレは鉄則です。

具体的練習方法
メトロノームを使って練習するのもよいですが、太鼓の場合発信音が聞こえないので、だれか一人が「地(ベース音)」を刻んで、他の人達が地に合わせて打ち込む、というスタイルがよいですね。


d0089862_1341247.jpg
太鼓の配置

配置1(上図):締め太鼓を横一直線に並べ、地の人が向き合います。
円状に互いに向き合って、並べます。



d0089862_13403034.jpg

配置2(下図):締め太鼓を囲むように並べます。

地を見ながら打てるという点で、配置1がよいでしょう。



ポイントは、自分の打ちこみ方を自分で観察しながら打ち込むこと。周りとリズムが合っているかどうかを絶えず感覚で掴みながら打ち込んでください。


***

そこのあなた、単にパワーのみでがむしゃらに打つというのはダメですね。


―――――――――――――心・技・体・気・品――――――――――――――
               -舞い上がる炎の飛び火するが如し-
---------------------------------------------------
『タカのライフワーク 和太鼓「飛炎」のサイト』
http://www.wadaikohien.com/
----------------------------------------------------
『身近な疑問を科学する”タカのワクワク TECHNOLOGY" ブログ好評連載中。』
http://blog.livedoor.jp/assistec/
----------------------------------------------------
『タカのお仕事のサイトです』
http://www.assistec.jp/
----------------------------------------------------
『スカイプ(TV電話)をお使いの方はコチラまで』
スカイプID : assistecjapan
----------------------------------------------------

和太鼓 「飛炎」  伊藤 隆康    TAKAYASU ITO    
                ジェニファー JENNIFER ITO

―――――――――――――心・技・体・気・品――――――――――――――
[PR]
by wadaikohien | 2006-09-11 13:24 | 演奏のコツ

バチ

シメ太鼓を叩くときは細バチを、宮太鼓を叩くときは太バチを使うんです。

細バチは直径20mmくらいで、均一の太さのものや先が細くなっているものがあるんですが、特にシメ太鼓では繊細なリズムを刻む場合が多いので、先細のバチがオススメです。

一方、太バチの方はというと、これは種々様々のものがあるんですね。直径はだいたい30mm以上で太さは殆ど均一です。

d0089862_1151878.jpg


バチは消耗品です。割れが入ったり、ささくれてきたら迷わず買い換えましょう。でないと、太鼓の皮を傷めちゃうんですね。これ、最悪。

また、ささくれをテープで補強したり、接着剤を塗って必死で長持ちさせている人をたまに見かけますが、論外です。バチは使い捨てするものと認識してください。

誰に聞いたかは忘れましたが、バチに使う木は製材工程で出た端材を使っているとのことですので、環境問題を気にする必要もありませんね。


材質は、一般的にはヒノキ。あの香りがたまりませんね。”ニホン”って感じですよね。使えなくなったら、細かく刻んでお風呂に浮かべましょう。いいにおいがして、練習の疲れもすぐに吹き飛んじゃいますよ。

***

これから和太鼓を始める人は、まず細バチとシメ太鼓から始めてください。前回お話ししたように、まずは”シメ太鼓で基礎練習”です。

―――――――――――――心・技・体・気・品――――――――――――――
               -舞い上がる炎の飛び火するが如し-
---------------------------------------------------
『タカのライフワーク 和太鼓「飛炎」のサイト』
http://www.wadaikohien.com/
----------------------------------------------------
『身近な疑問を科学する”タカのワクワク TECHNOLOGY" ブログ好評連載中。』
http://blog.livedoor.jp/assistec/
----------------------------------------------------
『タカのお仕事のサイトです』
http://www.assistec.jp/
----------------------------------------------------
『スカイプ(TV電話)をお使いの方はコチラまで』
スカイプID : assistecjapan
----------------------------------------------------

和太鼓 「飛炎」  伊藤 隆康    TAKAYASU ITO    
                ジェニファー JENNIFER ITO

―――――――――――――心・技・体・気・品――――――――――――――
[PR]
by wadaikohien | 2006-09-07 07:00 | 演奏のコツ



明日の太鼓打ち達へ。     打楽器歴40年の筆者が、テキストにはない和太鼓演奏の「コツ」、教えます。    
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30