和太鼓奏者のヒント集         -和太鼓のススメ-

基礎練習

打ち方練習は、まず基礎練習。
締め太鼓と細バチで、ひたすら打ち込みましょう。

初めはどうしても大きな太鼓(宮太鼓)を打ちたくなりますが、
まずははやる気持ちを抑えて、締め太鼓。

基礎練習で締め太鼓が適している理由は、

①音のツブがはっきりと聞こえること
  リズムがズレたらすぐにわかります。

②跳ね返りが強いので、グリップの感覚を覚えやすい。
 グリップが弱いと、皮の反発力に負けて跳ね返されてしまいます。
 宮太鼓では、バチが沈み込むので弱くてもそれなりにたたけてしまうんですね。

③身体を固定しやすいので、安定してたたくことができる。
 立ち姿勢でたたくと、からだがぶれて、ヒットのタイミングがずれやすい。

ということなんですね。

締め太鼓がたたければ、宮太鼓は必ずたたけます。
宮太鼓がたたけても、締め太鼓をたたけるとは限りません”!

基礎練習は締め太鼓!

まずは、”鉄則”といたしましょう。

-----------------心・技・体・気・品--------------------
        -舞い上がる炎の飛び火するが如し-

『和太鼓「飛炎」のサイト』
http://www.oct.zaq.ne.jp/afacq700/hien_menu.htm

『エンジニアのためのブログ好評中。お暇な時にはちょっと寄ってね』
http://blog.livedoor.jp/assistec/

『タカのお仕事のサイトです』
http://www.assistec.jp/

『スカイプ(TV電話)をお使いの方はコチラまで』
スカイプID : assistecjapan

 和太鼓 「飛炎」
    伊 藤 隆 康   TAKAYASU ITO    
        ジェニファー   JENNIFER ITO

-----------------心・技・体・気・品--------------------
[PR]
by wadaikohien | 2006-09-05 17:17 | 演奏のコツ
<< バチ 和太鼓のススメ >>



明日の太鼓打ち達へ。     打楽器歴40年の筆者が、テキストにはない和太鼓演奏の「コツ」、教えます。    
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30